第4節開幕

  • 2010/04/04(日) 11:25:41

 三国制覇戦第4戦が、昨日から開始。

 我が廬山呉は、1勝2敗で、敗北となってしまいました。



 1勝1敗で迎えた3陣の荒野が決戦となりました。

 荒野といえば、わたしが参加している兵器部隊が、まったく活躍の道がないため、施設の建造中心となります。

 視界が普通にあっても、起伏が大きくて広いマップは兵器に不利なのですが、投石の着弾点すら表示されないので、とても運用なんてできないんですね。荒野が導入されたときは、兵器とか新施設の応用とかが売りだったはずですがね。ほぼ資材も意味がない合戦場になってしまってます。


 今回も、北東の採取場を要塞化しましたが。

 主力となるのは、やはり連合。連合が活用してくれなければ、いくら10基ほどの見張櫓があっても、敵の一時的な足止め効果以上にはならないんですよね。


 結局は、兵器部隊は、「連合さんにがんばって」と、応援するだけ。

 なかなか歯がゆい思いをする最悪な戦場なんですよね。



 突撃連合の戦力面でも、残念ながら、もともと強かったわけではない廬山呉が、大きく人員が入れ替わっていて、戦力が大幅にダウンしている現状なので、今のまま人数差を荒野で覆すのは、大変です。

 新戦力の人たちと交流を深め、まとまる必要がありますが、まだしばらく時間がかかりそうですね。


 しばらくは、また苦難の時期が続きそうです。

 援軍システムがあるけど、戦力の埋め合わせにならないし、そう考えてもいけないですし。


 とりあえず、兵器部隊としては、精一杯、最高の配置を行い、後は、連合に利用していただけるよう、突撃連合との交流を深めていきたいと思います。





部曲レベル2

  • 2010/04/01(木) 09:14:48

 昨日のイベント合戦で、ついに部曲名声が2000を突破!

 部曲レベルが2になりました



部曲レベル2


 部曲砦を建造してから、しばらくしてすぐに配置値が限界となっていたので、助かります。

 うちの部曲砦には、迷路があるので、やっとこの拡張もできますし。


 まあ、50増えただけなので、迷路を広げると、それだけで満タンになりそうですが。

 とりあえず、第1段階の屋敷の増築を完了。ここからは、資金をためつつ、また迷路に必要な植物を育てつつ、増築していきたいと思います。


 また、迷路が完成したら、部曲砦の全景画像を掲載したいと思います。



 とりあえず、今回の記事は、短めに……。





大型アップデート

  • 2010/03/25(木) 17:33:21

 大型アップデートが実装されました。

公式HP『龍虎共闘史』特設ページ(http://www.gamecity.ne.jp/sol/developer/ryuko/)

 今回の大型アップデート最大の変更点は……。

ミニチャイナ服


 ミニチャイナ服が実装されました!

 水着も無理があったけど、こちらはさらに無理があるなぁ。

 一般に日本でチャイナ服といわれている服は、中国北東部の女性用騎乗服です。上着が短いものもありますが、その場合は、長ズボンをはきます。


 騎乗服に、短パンはありえない……。


 その他、特に大きな新情報は、なさそうですね。

公式HP「クライアントパッチ内容〔Ver.1.074 → 1.075〕」(http://www.gamecity.ne.jp/sol/news/body_0938.htm#938)


 戦闘スキル調整や合戦の軍団値の変化など、いろいろありますが、これらは今後ゆっくり見ていきたいスキルですね。


 最後に、ひとつだけ、最悪な仕様変更が

 武将に話しかけたら親密度が下がらなくなったのですが、あがった場合、他の武将の親密度が下がるようになりました……。

 わたしの場合、太史慈+3になったとき、甘寧-10になってしまいました。

 これじゃ、孫尚香さまの親密度を下げたくないので、他の呉の武将に話しかけることがもうできません。

 
 最悪の変更ですね。
 さがらなくなるという最初の情報で喜んだのですが。+3に対して、-10って、どういうバランスでしょう。全部の武将に話しかけると、トータルでどんどんさがっていきそうな。


 はっきりいって、この仕様変更は、憤慨ものですね





龍虎共闘史

  • 2010/03/16(火) 20:38:22

 3月25日に行われる大型アップデート『龍虎共闘史』の先行情報が出そろったので、見ていきたいと思います。

公式HP『龍虎共闘史』特設ページ(http://www.gamecity.ne.jp/sol/developer/ryuko/)


第四節の情報

 一部、4月だけのルールなのか全体のルールなのか、ごちゃごちゃになってる部分もあるので、必要な情報だけ取り出してみましょう。

・4月3日(土)から本戦が始まる。
・援軍システムが導入されるが、最大人数に達していると空きができるまで参戦できない。
・第1陣と第2陣は同時に開催され、参加人数は、1陣200人、2陣200人、3陣400人となる。
・援軍の参加可能人数は、1陣50人、2陣50人、3陣100人まで。
・前哨戦として、援軍システムテストができるイベント戦が27日〜31日に、3戦行われる。


 とりあえず、いろんなことをごちゃ混ぜに書いてあるので、文章量が無駄に長くなっていますが、箇条書きにすると上の項目だけですね。
 援軍システムの話などは、別の項目のはずなのに、スケジュールも混ぜて書いたために、わかりにくくなっています。


援軍システム

 記事の順序は逆ですが、特設ページのトップの項目としては、こちらが2番目なので、2番目に書きましょう。

国力が低い勢力に第三勢力が援軍として参加できるとあります。
 合戦がない国が、援軍にいくことが可能(な場合がある)というシステムですね。

・報奨値は、通常の合戦参戦時の5分の1(勝利時は4、引き分け・敗北時は2)。
・兵器への搭乗不可。
・兵器、施設、砦の新規建造不可。すでに開始されている建造の手伝いや、修理は可能。


 しかし、最も重要な戦況への影響がどうなるのか、書かれていません。
 援軍の人が死んだときに戦果がどうなるかによって、問題が発生する可能性があります。
 最悪、戦略的な自殺による妨害が発生する可能性も考えられるのですよね。

 そこまででなくても、どうせ援軍だから死にまくっても問題ないと、無茶苦茶な突撃だけされて、戦果だけ敵軍に献上するようになっても困ります。

 また、逆に、まったく戦果にならないなら、死亡リスクが少ない援軍に犠牲を強いるような提案・発言をする人が出てくるかもしれません。

 現状の情報だけだと、問題点ばかりが思いつきますので、情報を出してもらい、変なことにならないように考えてもらいたいですね。


軍団値の変更

 納入によって増加する軍団値が変わります。

・兵力(軍需品、軍略報酬):兵士NPCのレベルや使用技能。
・武装(装備品、竹簡):武将NPCのレベルや戦闘方法、活躍時間。
・資材(素材):初期資材。
・医術(食料、薬、霊符):戦闘不能からの復帰時間。


 まずは、納入が大きく変化します。これまで、客将のために一気に納入されていた装備品が竹簡とまとまりました。調整しだいですが、毎回、武将が最強レベルで動いてくるようになりそうですね。

 また、生産品の納入は多いと予想されるので、新しくできた医術も常にマックスになりそうな予感。復活時間が今までより短くなるのか、検証が必要ですね。

 また、初期資材がどうなるのか、心配ですね。素材による、客将の呼びやすさなどによっては、毎回高レベルになるかもしれません。

 これまで、客将ごとに、納入先の武将や、好きなアイテムがあったようなのですが、それらも大きく変更があるでしょう。
 アップデート後、いろいろと納入してチェックしてみたいですが、たぶん、一気に全部将がレベルマックスになってそうですね


勢力専用装備が一族倉庫へ収納可能に

 他に比べれば小さな変化ですが、実際のところ、一族倉庫に入らなかった方が変だっただけなので、必要な変化ですね。
 セカンド、サードの見た目系の装備を調えるのが楽になりますね。



 長くなってきたので、残りは、追記で。



続きを読む





建造破壊3位

  • 2010/03/06(土) 02:38:10

 三onブログで、「伝国の玉璽」部曲表彰がありました。

三onブログ「伝国の玉璽」部曲表彰(http://www.gamecity.ne.jp/sol/blog/2010/03/post-01.html)


 なんと、そこに。

 廬山呉の建造破壊3位に、我が孫尚香舞踏派遊撃隊の名があるではありませんか!?

 いや、そんな。
 合戦で兵器使うとまったく掲示板にも載らなかったのに。


 投石車や連弩車での評価が認められた模様。
 一時的に入部されていた方も兵器連合に所属されていたこともあるので、それらの加算もあると思いますが。


 めちゃくちゃ驚いております……





猛虎来襲

  • 2010/02/25(木) 13:16:36

 移籍前のイベント合戦期間で、現在廬山では、3節最後に最下位だった蜀への移籍が増えてます。

 しかし、これは、あとの移籍を見込んだ移籍の人が多いため、一時的に人が集まりますが、悪影響が大きいんですよね。
 2節後の呉では、一瞬強くなるため、逆に、問題点のあぶり出しとか、いろいろできないまま、移籍期間になると急に人数が減り、そのまま次の節に突入。 急激な人の集中と放出が発生するため、戦力把握ができず、結局は、最弱の勢力のまま、しばらく連敗を重ねることになってしまいました。

 とりあえず、三国制覇が終了したら移籍できなくすべきだと思うんですけどね。
 

 まあ、今回は、他国のことなので、次までにコーエーには対策を考えてもらいたいですが。


 閑話休題。


 イベント戦期間ということで、現在、3種類の合戦が予定・実施されており、昨夜まで第1弾の大火力戦・猛虎来襲が行われました。 

猛虎来襲1
※画像をクリックすると、やや大きめの画像になります。

 合戦場の門に戦虎という虎がいて、話しかけると、活性化・弐の効果をかけてもらえます。
 でも、その反対側に狐小娘がアイテム配っていて、それが、「活性化・参、痛覚麻痺・弐、精神集中・弐」のアイテムなので、結局は意味がほとんどなかったですね。

猛虎来襲2
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 合戦では、虎戦車が大量に最初から配置されていました。
 ターゲットすると汎用虎戦車という名称。
 作成したものとの差違があったのかわかりませんでしたが、まあ、結局は虎戦車でしかありません。

 虎戦車は、操作自体は、他の兵器とさほど変わらず、難しくないですが、うまく活かすのは、かなり難易度が高いです。……というか、わたしには、湿地ぐらいでしかうまく使う方法が思いつきません。
 湿地でなら、移動力の高さが目立ったり、湿地で動きの遅くなったPCを攻撃しやすいのですが、渓谷だと入れない場所もあるし、広い場所ではぜんぜん有効活用できないなど、ほぼ無駄な兵器となっていましたね。

 以前、虎戦車のスピードアップという修正がありましたが、それが何にも意味がなかったということに、そろそろコーエーは気づくべきでしょう。


 乗員3名しかいなくて、乗員が先に簡単に殺される以上、戦車という名前ですが、まったく戦車のような使い方はできないですね。さらに、攻撃範囲も狭く、PCに炎を当てても簡単に逃げられるため、火力不足もはなはだしい。

 少なくとも、炎に当てたら即死するぐらい強烈なダメージか、強力な追加効果が発生する仕様になって、決戦兵器級の攻撃力となるか、もしくは、戦車の名の通り、乗員が死なない仕様にならなければ、今後、虎戦車は意味がないどころか、作ると、資材を無駄に消費したとして、味方からバッシングを受けかねないという最悪な兵器といえるでしょう。


 今回のイベント合戦は、虎戦車の無能さを際立たせるための合戦だったのかと思ってしまうほどでした。
 結局、廬山呉で活躍したのは、兵器では投石車でしたし、PCの攻撃力ダウンという仕様にもかかわらず、普通の連合同士の突撃が主戦力でした。

 色々と問題点が浮き彫りになったと思うのですが、コーエーは、いかなる評価をしているのか。今後のアップデートが気になるところですね。



 そして、次に予定されているのが熱闘激

 概要をコピーすると。

本イベント合戦では、攻城兵器の建造をすることはできません。体力が+1000される合戦専用装備の配布を行います。合戦場内に登場するNPC“特別衣装配布娘”よりお受け取りください。 

 兵器が作れないので、少数勢力がさらに窮地に。
 最初に書いたとおり、もともと人数だけは蜀が多かった上、一時的に蜀に移籍してる人も多いという現状。

 兵器によって戦力差を覆すことができないので、廬山呉にとって苦しい……というか、ちゃんとした戦いになるのかということすら心配です。

 兵器を主に運用してる私個人としても、局地戦と同様、楽しくなさそう……



 コーエーは、いろんなテストを仕掛けてると見えますが、極端すぎて、本当の調整になってないと思うのですが。

 第4節の仕様が、かなり不安になってくるイベント戦期間ですね。





廬山 玉璽贈呈式

  • 2010/02/20(土) 18:19:53

 三国制覇戦、第3節、伝国の玉璽の贈呈式がありました。

 画像とともに簡単に振り返ってみたいと思います。

玉璽贈呈式開幕
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 いつも通り、長安の宮殿に櫓が組まれてましたが、それが今回は3つ。
 こちらもいつも通り、最初に登場したのは、EC狐小娘でした。

九尾狐登場
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 しかし、いつも通りではない展開に。

 なんと、この狐小娘は、実は、何者かが変身していた模様(九尾狐の姿をとっているが別物らしい)。

敵登場
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 そして、何段階かにわけて、配下の敵が登場します。

 長安内を含め、安全地帯の町中での戦闘は、クローズドβ以来初めてのことでしたね。

 まあ、もちろん、これだけのPCがいれば、あっという間に倒されていき、最後の九尾狐(偽)自身が分裂した状態で登場しても、数十秒で終了でしたね(早すぎて、画像がありません)。



 その後、九尾狐(偽)が帰ると、伝国の玉璽の贈呈式に。
 櫓の上に登場した伝国の玉璽は、巨大なモニュメントでした。
伝国の玉璽
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 静止画よりも、実際に見るほうがキラキラしていて綺麗でしたね。


第三節呉記念外套

 制覇2位だった廬山呉には、2位の記念外套が。何度でも交換できるようですが、能力なし、耐久力なしなので、ひとつでいいですね。


 とりあえず、今夜はこのあと、続けて大火力戦があります。
 忙しい感じですが、一番最初の廬山が一番余裕がありますね。

 大火力戦の記事は、また、後日書きたいと思います。





特務

  • 2010/02/18(木) 19:07:34

 2月のアップデートは、小規模なものでしたが、依頼をほぼやり尽くした(他国用の依頼をのぞく)あと、軍略もない状況下で、やる気が多少出るものでした。

孫策と特務管理官

 長安の東側に孫策と特務管理官がいて、特務を受けられます。

 全会話を画像に撮ってますが、ここでは省略しますね。

碧華礼服必要武勲

 毎日受けられる討伐特務と、毎週受けられる探索特務があって、討伐特務・弐だと、勲功250でした。

 毎回同じ勲功がもらえるのか、まだ不明ですが、同じなら、目標の碧華礼服までは、16回かかる計算ですね。


 なかなか、プレイに幅というか、やる気が起きる仕様なので、期間限定ではなく、各国の本拠地に常設してくれるといいと思うのですが……。



 あと、今日のアップデートでは、生産が早くなった模様。
 さっそく試したのですが、1回あたり4秒ぐらいでした。

 もとが5秒ぐらいだったと思うので、1秒ぐらいの短縮でしょうか。

 とりあえず、感覚的には微妙で、比べてみないとわからない程度ですが、大量に生産する人にとっては、これでも、時間あたりの生産量が20%ぐらいアップのはずなので、変わってくると思いますね。


 とりあえず、今週は、毎日討伐特務をクリアして、タイミングしだいで、入れたら、探索特務に参加してみたいと思います。

 探索特務をやりたい人で、わたしを見かけたらぜひとも声をかけてくださいね