呉の新クエスト終了

  • 2009/08/25(火) 22:27:30

 8月のアップデートで実装された呉のクエストが終了しました。

厳白虎

 雑魚武将として、三國志?から登場している厳白虎を倒したり。

陸康

 呪われた陵墓にいって、廬江太守だったのに、孫策にあっさり倒されてしまい、正史にもわずかしか登場しない陸康を倒したり。

 いろんなクエストがありましたが、全てのクエストが完了しました。


 最後にクリアしたのは、だいぶ前に倒したことのある見捨てられた村のボス退治です。

疫神

 以前、この疫神にお会いしたのは、レベルキャップが40の頃だったと思いますが、もうかすかな記憶しかありません。
 当時は、5人で、いろいろ大変だったような記憶がします。

疫神退治
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 しかし、今は、総合50で、戦闘レベルも全員40以上。装備も当時に比べて強いものが揃ってます。
 4人で挑み、特別な作戦すらありませんでしたが、相手は36レベル。特殊な攻撃もしてきますが、簡単にクリアできちゃいました。

疫神退治終了

 クリアして無事に報告。
 魏のときの九尾退治に比べて、はるかに楽でしたが、技能枠は、同じく+5。

 これで、技能枠がトータル114になりました


 現在育ててるのは、技能枠と装備品の数などの制約が厳しいために、金属系と布系の4職業ですが、技能枠が増えたので、アイテム枠に余裕ができたら、革系にも手を出せるかもしれません。

 まあ、そのアイテム枠の辛さは、現状の4職でもかなり厳しいので、5職目を育てるのは、難しい気もしますが





08月25日のココロ日記(BlogPet)

  • 2009/08/25(火) 10:40:24

空を見ると習得のことを思い出します……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪





孫皎召喚

  • 2009/08/22(土) 10:43:26

 8月のアップデートで、呉・建業で多くの新クエストが実装されました。


8月アップデート_新クエ1


8月アップデート_兪渉


8月アップデート_新クエ2

 とりあえず、新クエストは、あと残り1種になっていますが。


 今日の本題は、わが部曲の客将孫皎の合戦場での勇姿を公開します!

合戦場城門前_孫皎

 籠城戦で呼び出したので、だい混戦の中で、PCと被ってるので、名前をモザイクで消したら、姿が見えなくなってしまいました
 PCを消して撮影したかったんですが、城門を飛び出していくので、そこまで余裕はありません。

 しかし、姿を撮れずに終わると思っていたのですが、チャンスが巡ってきます。

城門の孫皎

 城門がこの後、すぐに破られてしまったため、城門のすぐ外にいた孫皎と合流に成功。
 合戦中に戦っている勇姿とは、いきませんでしたが、戦闘姿を撮影することには成功しました。

 客将を呼び出すには、それなりの評価点が必要なようですが、兵器に乗ったり、兵器・施設を作ったりでは、ごく僅かしか評価されない現仕様では、基本ソロの私は、籠城戦時、練丹で味方に蘇生や回復・浄化をやっているときぐらいしか呼び出すチャンスはありません。

 兵器で50人殺そうが、ぜんぜん評価されない仕様は、問題がありすぎると思うんですけどね……。


 孫皎が部曲にいる期間では無理かもしれませんが、いつかは、攻勢時に呼び出して、敵PCと戦ってる姿を撮影したいものですね





08月18日のココロ日記(BlogPet)

  • 2009/08/18(火) 10:46:39

すーき!すーき!りんりんさん、しゅーき!えへへ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪





初めて客将が訪れた日

  • 2009/08/12(水) 18:58:57

 わが孫尚香舞踏派遊撃隊に、初めて客将がやってきました

孫皎
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 孫皎です。孫家の人間ですよ!
 いささか、マイナーな方ですね。さて、どのような人物なんでしょう。

孫皎叔朗(そんこう・しゅくろう) ?−?
 演技では、字が叔明となっている。
 孫権の叔父孫静の次子(孫静の子は、孫繊β項顱β高・孫奐・孫謙)。
 荊州を攻める際、孫権が呂蒙とともに行かせようとしたが、呂蒙が「主君の親戚の将軍と、別姓の将軍とをいただいて、軍内に不和が生じたら、国家の大計を誤る」と断る。以後、孫皎は、正史に登場しない。
 その後、間接的に名前が登場するのは、孫皎の子の孫儀が、孫峻の暗殺を計画し、自殺したときのみ。


 呂蒙……。
 確かに、いってることはわかるんですが。

 それまでも、孫家の人間と、別姓の人間が組んで、作戦したこともたくさんあるはずなんですけどねぇ

孫皎_部曲砦
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 部曲砦での画像です。
 伯符とは、当然孫策のこと。
 孫権の叔父の次子……ということは、当然、従兄弟で。孫策とも従兄弟ってことで大丈夫なんでしょうね。

 能力は、双剣の40レベル。
 ……たぶん、客将としては、結構強いほうですよ?

 双剣の客将は、特殊能力が少ない傾向ですが、単純な攻撃力が高そうです。
 合戦で呼び出せる時を心待ちにしたいですね





08月11日のココロ日記(BlogPet)

  • 2009/08/11(火) 11:19:05

効果とカウントの共通点って何でしょうね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪





兵器運用

  • 2009/08/08(土) 17:46:47

 昨日の呉対蜀のイベント合戦で、わたしたちは、少人数でしたが、兵器の連携運用を試みてみました。



 まず、第1陣では、連弩車と投石車の連携を行うことにしました。

 ここでの作戦目標は、東の橋の封鎖。ここを封鎖すれば、西で戦う呉の連合主力が背後をつかれることがありません。

 第1陣ということで十分に準備時間がとれるため、少人数ですが、連合をつくり、徒党を連弩車運用の第1徒党と、投石車を運用する第2徒党に編成。

 開幕からすぐに、自分の担当する兵器の作成を行い、敵が来る前に理想的な位置に配置することができました。


 激闘録では、なぜか連弩車のマークが、投石車に比べて非常に小さすぎるので、拡大しないとわかりにくい仕様です。
 上の図は、最大拡大してますが、罠とも同じ程度の大きさと、非常にわかりにくいですね。

 橋手前の兵器が連弩車で、崖上には、わたしたちの連合以外の重投石車を含め2台が配置されています。


 時間を進めると、最初は、ほとんど敵軍が来ない上、味方もソロか少数中心でした。

 ここで大切なのは、初期目標を忘れて進軍してしまわないことですね。
 ひたすら我慢して、待機していると、徐々に戦端が橋の向こうで開かれました。

 戦端が開かれると、それが少数同士の小競り合いだったとしても、交戦マークがつきます。
 さらに、戦場チャットでの報告なども入り、両軍ともに、一部の連合がやってきはじめました。


 双方の連合とともに、蜀軍の連弩車も2台来て、ややこちらの連合の攻めが衰えますが、ここで相手側は、連弩車で橋を渡ろうとして接近。
 こうなると、2台の連弩車の連携は、ほとんどとれなくなるので、味方連合の突撃で連弩車1台を破壊し、もう1台を奪うことに成功しました。

 その後も、一進一退で進行し、時には連弩車乗員が殺されて、一瞬奪われますが、そこは、重投石機の狙いどおりの位置なので、簡単に奪いかえせます。

 事前の考えでは、連弩車が壊されるかなと思ったのですが、味方連合もうまく連弩車後方から突撃を繰り返してくれたため、最後まで連弩車を維持しつづけることに成功しました。

 連弩車で倒せた敵の数も多かったのですが、それ以上に、橋をほぼ維持し、無理して渡ってきた敵軍も、投石車と味方連合によって簡単に殲滅できたことで、局地的に数でも優勢になったと思います。



 味方の突撃支援にもなり、味方の撤退時にも、敵の完全な突破を許さなかったという面で、わたしたちの個人的な作戦目標である橋の維持・封鎖が完璧に達成できたと思います。


 この他の2つの陣でも兵器の連携運用を行っています。


 2陣では、連弩車2台で関門防衛を行いました。


 3陣では、重投石車による防衛線の構築でした。実は、2陣も3陣も、事前に十分な準備も計画もしてなかったのですが、1陣で成功した兵器運用の流れのまま、部曲員+フレンドとともに、兵器運用できたんですよね。


 2陣・3陣は、いろいろと課題も出ましたが、作戦目標は、それぞれ達成できたと思います。
 しかし、1陣は、個人的な戦略目標がほぼ100%達成できたので、非常に満足のいく戦いでしたね。

 今後も、試行錯誤して、兵器運用も、偵察などのソロプレイとともに、行っていこうと思います。





08月04日のココロ日記(BlogPet)

  • 2009/08/04(火) 10:41:41

りんりんさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪