01月31日のココロ日記(BlogPet)

  • 2009/01/31(土) 11:07:50

理詰めで考えても新しい記事はかけないのです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪





連続イベント「十星 〜蜀・五虎編〜」

  • 2009/01/29(木) 18:23:48

 連続イベント「十星 〜蜀・五虎編〜」が始まりました。

◆公式HP「十星 〜蜀・五虎編〜」特設ページ(http://www.gamecity.ne.jp/sol/event/090122.htm)

 画像が多いので、イベントの詳細は少なめに。

十星・諸葛亮

 まず最初に、諸葛亮に話しかけたらイベントスタート。
諸葛亮の占星書』というアイテムをもらって、益州に散らばる蜀の五虎将に話しかけます。

 どこにいるのか教えてくれません。
 情報をあえて調べず、適当に走ったのですが、全員でだいたい1時間ほどかかりました。

十星・趙雲

 最初に趙雲を発見。斥候を出して、後から来てくれるそうです。

十星・馬超

 次に見つけたのは、馬超。彼も趙雲同様、斥候を先に出すそうです。

十星・黄忠

 黄忠も先の二人と同じように、斥候を出すとのこと。


 しかし、ここからちょっと変わりました。

 話しかける順番もあるっぽいのですが、関羽張飛は、素直に行ってくれません。
 諸葛亮に話すと、劉備に話すといいとのこと。場所も教えてくれますが、五虎将を探しているときに見つけていた場所に急行しました。

十星・劉備

 劉備から、解決法を聞きました。それぞれ、三國志にあった内容でしたね。

十星・関羽

張飛

 ふたりも、斥候を出してくれるとのこと。ここからが本番の石林です。


 その前に、五虎将の場所の地図を記録。下のぼかしてる地図をクリックすると、五虎将の場所がわかる地図です(余計なポイントもありますが)。
十星・五虎将地図
※画像をクリックすると、大きめで鮮明な地図画像になります。



 そして、石林前に行き、クリア目的の25人連合に入れてもらいました。

十星・石林
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 魏のとき同様、中の敵は、強い敵が配されてました。
 44レベルと表示されますが、やはり44とは思えない打撃力に加え、再出現時間が非常に短いため、続々と絡まれていきます。
 25人連合でしたが、防御一人だったためか、時々死人が出てしまいました。

十星・斥候

 そして、馬超の斥候を発見。さっそく、みんなが話しかけると……。

十星・馬超vs夏

 画像では、わかりにくいですが、馬超と、敵のが、斥候に話しかけた人数分出現してしまいました

 ザコも周囲から来たため、死人が大量に出ましたが、イベントNPCということで5分間で戦闘が自動終了するので、蘇生しながら何とか粘りきりました。

 話しかけるのは、ひとりだけにして、出てくる敵を倒せば、その後は、連合に所属していたら、話しかければクリアになるので、最初に話しかけるのはひとりだけということを、先に全員に話しておいたほうがいいですね

 19:00頃からのサーバーアップデートで、このたくさんNPCが出現してしまう現象は、修正されました。おもしろかったのに(笑)


蜀の宝珠Get

 そして、終了後、劉備に話しかけると、蜀の宝珠がもらえました。

 今回は、敵のドロップアイテムとの交換はありませんでしたね諸葛亮の占星書は、なくなりますが)。



 追記に、アップデートで、報奨値と交換できるようになった部曲砦アイテム旗・呉の画像を記録します。



続きを読む





春節イベント

  • 2009/01/27(火) 17:16:22

 2月の公式イベントが発表されましたね。

 ◆季節イベント春節 公式HP(http://www.gamecity.ne.jp/sol/event/090126.htm)

 公式HPに書いてあるとおり、春節は、中国の旧正月のことです。

 三国時代は、当然、太陰暦なので、ここが1年の始まりということになりますね。


開催期間:2009年2月5日(木) 〜 2月19日(木)

1. 開催期間中、長安に3人のNPC“福星の童子”、“寿星の童子”、“禄星の童子”が登場します。彼らのいずれか1人に話し掛けると、それぞれのストーリーに基づいた《対聯》を渡され、イベントが始まります。
※イベントは全部で3種類あります。
※イベントを同時に複数進められません。進めているイベントをクリアするか、イベント進行用アイテムを破棄すると、イベントを受け直せます。
※《福星の対聯》などのイベント進行用アイテムは、2月19日(木)の定期メンテナンス(10:30開始予定)で消滅します。
2. 全ての《対聯》を完成させ、童子に話し掛けると、3つの《対聯》と交換で《金牛外套》を受け取れます。
3. 《金牛外套》を手に入れた後、ある条件を満たすと、さらに春節を盛り上げる様々なアイテムを受け取れます。


 3種類のイベントがあって、それぞれ対聯(ついれん)というアイテムが渡されてイベントを進めるようですね。

 3種類のイベント全てクリアすると、金牛外套がもらえます。

 デザインは、公式HPを確認してください。

 わたしとしては、呉カラーの赤いマントがいいので、意匠だけもらいたいなとか思うのですが、今回は(文章を見る限り)意匠だけもらう選択肢はなさそうですね

 能力が体力+50、気力+50、耐久度50、装備可能LV1ということで、報奨値で交換できる呉軍公式長套呉軍公式短套と同じです。


 能力だけ見ると、絶対ゲットしないといけないというものではありませんが、漢字ではない意匠ですし、イベントを楽しんで、入手を目指してみたいと思います



続きを読む





01月24日のココロ日記(BlogPet)

  • 2009/01/24(土) 08:30:45

余裕をお財布に入れておくと、金運がアップするそうですよ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪





ゆきだるま

  • 2009/01/22(木) 16:31:43

 本日から、倉庫の邪魔だった雪の結晶を交換してもらえるようになりました。

ゆきだるま_南斗

 さっそく、水鏡村にいる南斗に部曲砦アイテムゆきだるまと交換してもらいました。

 交換期間の長安前には、巨大ゆきだるまもあったので、もしかしたら数種類あるかなと思いましたが、わたしが交換できたのは、通常サイズのみでした。

 ランダムで大きさの違うのがもらえるのか、同じサイズのみなのかは、現時点では情報ないのでわかりません。

ゆきだるま
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 さっそく、ゆきだるまを舞曲砦に配置。

 ゲーム内でいうと、季節は、都市ごとに決まってるし、部曲砦内も、特定の季節感はないので、収穫期の畑近くでは、違和感があると思い、砦の端に配置してみました


ゆきだるま_雪
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 ゆきだるまは、ターゲットできない通常のオブジェクトではなくて、ターゲットしてクリックすると、雪が降ります。


 でも、やっぱり、砦との季節感にいろいろと違和感があるアイテムですね……



続きを読む





ブログページアドレス変更

  • 2009/01/22(木) 12:09:46

 DTIブログのアドレスが変更されました。

旧URL:http://20.shinrei.dtiblog.com/

新URL:http://shinrei.dtiblog.com/


 旧URLへヒットしても新URLに転送されるため、一般的な閲覧では、当面不具合はないと思いますが、お気に入り、RSSなどに登録されている方は、新アドレスへの変更をお願いいたします。





ほぼ2ヶ月ぶり

  • 2009/01/19(月) 09:26:35

 昨日の廬山呉の合戦は、だいたい2ヶ月弱ぶりの総合勝利できた合戦でした。

 合戦場にいた時には、特に、合戦前に誰かが指揮をするとか、作戦を提案するとか、そういったことはなくて、何が変わったのか、よくわかりませんでしたね。

 戦術面では、これまでやろうとしていたことがうまくいったのかなとか、試行錯誤してきた戦術の何かがうまく作用したのではないのかなとか、いろいろ思うのですが、明確に「これが勝因」といえる点は、合戦中には、わかりませんでした。


 戦いの後、合戦激闘録を見て、やはりわかることが多いですね。


 ということで、これが合戦激闘録です。


 序盤の動きは、これまでの敗北してきた通りで、中央平原部の南側に戦力を集中しているものの、北側と南側から挟まれていて、半包囲を受ける状況で戦っています。

 5分頃、攻撃目標であった南側へは、侵攻しますが、6分には、南から撤退した後の集団に北側から攻撃を受け、戦果が約1600点差になっています。

 
 これは、不利な戦いを行っていることがわかりやすい9分の戦況です。
 2方向から、こちらの集団が攻撃されていますね。

 集団になっている効果から、即座に潰滅してはいませんが、2方向から攻められて、点差がさらに広がります。

 そのまま15分ぐらいまで、どんどん押されて、最後には、味方集団は崩壊していますね。



 しかし、ここからが、変わります。

 いきなり、現場で話しがあったとは思えないのですが、単純に一ヶ所に集まるのではなく、攻撃目標は一ヶ所でありながら、様々な方向から攻撃を仕掛け始めていました。

 
 反撃が開始されたのは、17分頃からですが、最もわかりやすいのがこの19分でしょう。

 北にある建設中の敵砦と、その付近の敵に対して、2方向からこちらの攻撃が集中しています。

 
 さらに進めて、22分。今度は、北の2ルートから攻めていた集団がまとまり、南の橋の敵を攻めるとともに、南ルートの味方も同時に攻めています。

 この後、23分に逆転し、一通り攻勢が終わった30分には9000点差をつけていますね

 
 17分から30分までの攻勢には、たぶん、合戦に参戦したほとんどの方が、驚いたのではないでしょうか。

 かつて、常勝だった頃の呉のような、複数位置からの挟撃が出来ていました。

 戦術面では、別の印象の方も多いと思いますが、わたしが合戦激闘録と現場で見ていた感想からいうと、このいくつかに分散した主力が、お互いに連携できていたことが勝因だと思いましたね



 また、蜀戦であったことも戦略的に有利に働いたのではないでしょうか。

 他のサーバーからの援軍が、対魏と対蜀では、かなりの差があり、蜀戦では、他のサーバーからの援軍という方が、概算ですが50名はいて、採集してもらえるので、資材が豊富になります。

 1陣は、無策な砦建設が何度も行われてしまいましたが、絶えず資材の供給があったため、必要な罠なども多数設置できました。

 3陣では、河の南端に複数の櫓と、大量の罠による防衛線を構築できていましたね。


 本来、現在全勝中であり、3サーバーで最もリードしている廬山魏を叩かないといけないはずなんですが、魏戦での援軍は、蜀戦に比べると、少ないです

 それに、本体に厚みがある魏に対しても、今回のような戦いができるかどうかわかりません。

 序盤の15分のような消耗戦の戦い方では、魏に通用しないと思うので、これからが課題です。


 今回の勝利が、マグレだとはいわせないように、気を引き締めて、今後も頑張っていきたいですね





01月16日のココロ日記(BlogPet)

  • 2009/01/16(金) 13:36:41

ココロ…ずっと深玲さんのお部屋に住んでいたいです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪