訓練週間

  • 2008/08/31(日) 20:46:25

 わたしは、「訓練週間」というわけではありませんが、レベルアップのための軍略に励んでいます。

 マイペースに現在42レベル。
 あまり無理をしないようにしています。


 そんな中、夏のイベント最後となる『“三国制覇”第一節の終了を記念したライブイベント“大花火大会”』がありました。

 第一節の各勢力で一番活躍した部曲の表彰があったり、イベントキャラクター名無しの狐精の名前の募集が行われましたね。

 そして、最後にカウントダウンとともに花火を打ち上げました。

 相当、大迫力になるだろうと期待したのですが……。


 カウントダウンと同時の画像を撮ろうとしたのですが、あがっていく無数の花火の軌跡だけ見えて、花開くエフェクトが一切表示されませんでした
 少し離れて、大迫力の画像を撮ろうとしたのと、エフェクト表示などグラフィック設定を最大にしていても表示しきれない人数・花火の数だったためでしょう。

花火大会
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 その後、ばらばらっとうちあがる花火を、いろいろなところからたくさん撮影し、一番花火が写っていたのが、この画像です。

 エフェクト表示距離・数の問題は、実際、こういったイベントだけじゃなくて、合戦で陣形発動などのエフェクトを確認することでも、問題になることがあります。

 特に籠城戦などでは、味方のエフェクト発動が多いときなど、城壁の上などから、遠くの敵の発動エフェクトが見えていない可能性もあるので、注意が必要なんですよね



続きを読む





08月30日のココロ日記(BlogPet)

  • 2008/08/30(土) 10:52:06

ココロ、海に行きたいです!深玲さん、つれてってください〜

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪





涼州到達!

  • 2008/08/29(金) 13:26:43

 ついに、待ちに待ったレベルキャップ解放&新フィールド涼州が実装されました

涼州

 涼州をはじめてくぐった瞬間。多くの人が涼州に向かっている時間帯でしたね。

 涼州は、三国時代の地図でいうならば、シルクロード、内陸ルートの拠点だった有名な都市敦煌を首都とする、中央から自立した西涼があった地であり、当時の中国の西北に位置する州です。
 西涼は、蜀の五虎将軍のひとり馬超の出身地ですが、馬超の父馬騰が、曹操の陰謀によって殺されたときに、馬超と従兄弟の馬岱以外は、全員殺されたという、悲劇の地でもありますね。

涼州2
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 ゴビ砂漠南に位置するため、景色は砂漠です。
 砂丘による高低差もある上、道が不明確なため、ソロで安全に移動できるルートがわかりづらく、多くの人がモンスターに絡まれながらの移動となりました。


涼州3
※画像をクリックすると、大きめの画像になります。

 秦の始皇帝が建造した万里の長城がある異境の地です。
 途中、長城の門をくぐり抜けていくのですが、決して安全地帯ではなく、モンスターに絡まれた人が通っていくときに、自然とMPK(モンスターを使ったプレイヤーキル行為)となってしまう地点です。
 衛兵が馬に乗っていますが、まったく助けてくれません


 初日は、知り合いの方に徒党にいれてもらって、フィールド狩りを行い、臨時メンテがあったので、その後は、建業にもどって、軍略でレベルアップを行いました。



続きを読む





三国制覇終了

  • 2008/08/25(月) 11:25:01

 三国制覇第一節が終了しました。

 終盤に、たった合戦1回、たったひとつの陣の敗北したとき、合戦後の反省会で荒れた人たちが数人出たらしく(その場にわたしはいなくて、その様子を間接的に聞いてました)、それが後半の急激な戦力ダウンの一因となったようですね。

 その原因は、勝てそうな合戦がミスによって敗北したように見えたそうですが、半分思いこみもあったらしいことは、後日判明しています(この点に踏み込むつもりはありませんが、合戦の敗北の責任を特定の誰かに負わすような発言自体、ダメですね)。

 そのときに、それまで何となくまとまっていて、なんとなくバラバラでも、他の人たちを信頼できていた関係が崩れ、また、呉から、もしくは廬山から、三國志オンラインそのものから居なくなった人が多くなったんですよね。

 それまでのだいたいの参戦人数が約550人ぐらいだった呉が、昨日をのぞき、後半、日曜の最大で460人、水曜だと350人前後まで落ちるという状況となりました。


 でもこの連敗から、だんだんと戦術的にまとまろうという雰囲気が多くの方の中で生まれ、同時に、呉軍専用の掲示板が作られ、合戦ノウハウの共有化、戦略・戦術的な連携や方針などなどが話し合われるようになりました。

 これらは、まだまだ十分に機能しているわけではありませんが、今後の呉にとって、どれも必要なことであると思います。

 負け始めた頃にここで書いたのですが、この連敗は、きっと呉が強くなるために必要なことなんだと思います。

 いつか、「あの連敗が呉を強くした」といえる日が来ると信じたいですね



 とりあえず、一時、三国制覇は中断です。

 呉の皆様、ここまでおつかれさまでした
 また、次に向けて、がんばっていきましょう



続きを読む





08月23日のココロ日記(BlogPet)

  • 2008/08/23(土) 10:23:22

今週の『週刊ブログ妖精』は魏特集らしいですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪





レベル50まで解放!&技能枠広がる!

  • 2008/08/22(金) 18:48:02

 やっと28日アップデートの内容のほとんどが公開されたようです!

大型アップデート【 涼州動乱 】特設サイト



 やっときたという感覚なのは、クローズドβから長くやっていて、合戦も40レベルの人ばかりだからでしょう。
 技能もみなさん、ほとんど揃っていて、キャラクターの個人差が装備の微妙な差ぐらいしかなく、プレイヤースキルでの差はもちろんあるものの、参加人数の差が覆しにくくなっていましたね。


 装備や技能の情報は、まあ、特に新情報って感じがしないので、スルー


 しかし、同時に発表されている技能枠の情報は、なかなか魅力的ですね。

[(前略)【涼州動乱】導入後は、生産系の技能が別枠となります。つまり、戦闘系・採集系の技能のみで合わせて100個まで習得できるようになり、今までよりも多くの技能を習得できるようになります。
また生産技能については習得数に上限がないので、技能枠を気にせず、生産にも存分に励めるようになります。
]


 技能枠増加に関しては、インタビュー記事で先行出しされていた情報ではありますし、それがレベルキャップ解放と同時に実装されるだろうことは、想像に難くなかったことではありますが、これで具体的な仕様がわかりましたね。

 採取技能は、現仕様のままなら、最高の1つしか実装しないので、実質、戦闘技能は99枠。生産技能は無限と考えていいでしょう。


 低レベル向け装備の技能を憶えたままにしておけるから、初心者向け生産の手間も少なくなりますし、戦闘技能のため、生産を控えてたプレイヤーも生産を始める可能性が増えるので、生産が活発になるかもしれません。



 プレオープン以降、最大の修正なので、たぶん不具合もいろいろあるんでしょうけど、今回の修正には、結構期待しています





軍隊をシミュレートしてはいない

  • 2008/08/21(木) 18:52:21

 三國志オンライン。特に、わたしの廬山呉での話し合いで、ふたつの大きな考え方の違いが見受けられます。


 ひとつは、作戦を立て、できるだけみんなで連携を取っていこうというもの。

 ひとつは、各人・各連合など、知人の間で、協力できる関係の中でのスキルアップを通じて、強くなろうというもの。



 極論ですが、現状は、先の「みんなでまとまろう」といいつつも、現実的には「知り合いの間で」というのが大勢を占めているように感じますね。



 実際のところ、それもそのはずで。


 三國志オンラインは、呉軍などといいますが、実際のところ、現実の軍隊をシミュレートしているわけではありません。

 指揮系統はなく、身分も命令系統に関するものとは関係のないものであり、憲兵もなければ、統制する法もないんですよね。


 話し合いで出てくる作戦は、あくまでも提案であり、それに反する行動をしようが、人間関係とかそういうのをのぞけば、まったくおとがめはありません。



 三國志オンラインの合戦は、一見して、軍隊と国家間戦争をシミュレートしているかのよう見えるけど、実は、派閥の多いゲリラの地域紛争みたいなものが、現状といっていいと思います。




 なので、話し合いに参加する人間は、作戦を提案する人間も提案を聞いている人間も、軍隊ではないという前提を、しっかり把握して、発言したり、意見を聞かないとといけません。

 たぶん、なんとなくは、みんなわかっているんでしょうけど、このあたりが曖昧なので、ただまとまろうという話が出たり、どちらかの考え方が絶対に受け入れられないような発言が出たり、個別主義的な発言も多かったりするわけです。




 で、最初に戻るのですが、大きくわけてふたつの考え方が産まれてくるわけですね。

 これを軍隊をシミュレートしているわけではないという面を意識していいかえると。

作戦を立て、できるだけみんなで連携を取っていこうというのは軍隊として動いたほうが強いからそうしたいけど、軍隊じゃないから、誰かが立てた作戦にしたがって、みんなで連携できれば、なんとか軍隊っぽく動けるのではないかということになりそうです。

各人・各連合など、知人の間で、協力できる関係の中でのスキルアップを通じて、強くなろうというのは軍隊じゃないんだし、個別でやるシステムなんだから、知り合いの中だけでやるしかないというふうにいい換えられそうです。


 ちなみに、どちらも、わかりやすいように、あえて極端に書いていますが、言葉のニュアンスを変えても、内容はこのふたつに集約されると思います。


 考え方の根本は、軍隊ではないことなんですが、それをどう考えるかで、極端にふたつの流れになってしまいます。

 しかし、相反する極論だけでは、まとまるものもまとまらない。


 この点を解決するには、中道……つまり、妥協点を探していかないといけないわけですが、どうにもそういう流れになりにくい。


 どちらの意見も、先にいったように、極論であるので、どちらか一方にまとまるというのは、難しい話です。

 ただ、呉の現状、数の差を覆すには、何らかの方法でまとまる他なさそうなので、この考え方の相違点の、お互いの妥協点を見いだして、歩み寄る他ないんだと思いますね。





 こういうのを解決するには、一般的に、カリスマ指導者の登場が必要なんですけどねぇ





うま!

  • 2008/08/18(月) 22:32:00

 ついに更新された大型アップデート告知のページ。

 なんとその中に、馬にのったキャラクターが!

大型アップデート【 涼州動乱 】特設サイト



 風景の画像の4枚目ですが、いかにもNPCだろうなーという人物が馬にまたがっています。

 ついに、いよいよ馬に乗れるのか!?



 まあ、PCが乗れるという情報はないので、期待せずに待つとして。

 まだ特設サイトを見てない方は、三国無双スタイルでの登場が確定した呂布だけでも確認しておきましょう。