柵は無駄?

  • 2008/05/15(木) 03:01:18

 昨日は、蜀との三国制覇に関係する合戦がありました。

 ゴールデンウィーク前からの久々でしたが、結果的には、呉が総合勝利。

 しかし、わたしの参戦した第1陣陸遜趙雲では、終始押し込まれていて、戦果差以上の大敗でした。



 実際、人数が少ない上に、敵は、廬山蜀でも最も有名な部曲もいる趙雲軍団ですから、ある程度、苦戦することは、開戦時からわかっていたことですけど。


 呉で対応できる部曲もいくつか思い浮かびますが……なかなか厳しいものですね。



 で、本題ですが。
 今回は、6-4にある小道を、一人で物資を投入して封鎖できないかという実験をしてみました。

 上の合戦激闘録を、最大まで拡大して、中央の橋の南の川沿いの小道に地図をドラッグしてあわせてから、7分まで進めてみてください。


 川沿いの小道に、これでもかと柵と竹罠を並んでいるのがわかるでしょう。

 これは、南ルートの侵攻の弱点であるこの小道を封鎖してしまえないかということで開始直後から作っていたのですが、周囲が包囲される戦況になってしまったので、まったく意味をなさなくなってしまったんですよね。


 で、次の8分に進めるとわかりますが、もう全ての柵も竹罠もありません(ついでにわたしも死んでます)。

 わずかな集団に一気に全部壊されてしまったんですよね。


 これだけ作っても、30秒も保たなかった……



 結論からいうと柵は、作るだけ資材の無駄ですね


 柵は、敵の火炎柱のいいターゲットになってしまって、周りの竹罠ごと壊されることもしばしば。


 柵の形状は、いわゆる「馬防柵」なので、突撃してくる人に多少でもダメージを与えたり、足止めできればいいのですが、実際には、正面(丸太のトゲがあるほう)からでも、近づいて通常攻撃の一撃で壊れちゃうんですよね。


 1アクションの分、ひとり3秒程度、手間をかけさせるだけという感じ。

 範囲攻撃をつかわれれば、この柵の周囲にいると一緒にダメージを受けたり、竹罠を壊されるので、作らない方がましかもしれません。


 まあ、使い方としては、NPC武将が櫓や投石機などを壊しにくることがあるので、防衛用の投石機の前に置いて、武将が近づくのを少しだけ邪魔するとか……。


 やっぱり、後方に十分な軍勢がいて、柵を攻撃する手間の間に反撃できるような状況でもなければ、資材の無駄といって、たぶんいいんじゃないでしょうか。


 これなら、「竹罠だけつくって、敵の足止めをするほうが数倍いい」というのが今回の結論でした