戦場チャット

  • 2008/05/04(日) 18:49:29

 わたしは、戦場チャットで、多分、廬山呉の中でも、特別多くの発言をしている人間のひとりだと思います。


 合戦でのプレイスタイルとしては、後方支援・建設および伝令のつもりなので、「伝令が発言少なくてどうする」という感じですしね。


 で、戦場チャットでは、伝令としての‘報告’だけでなく、‘提案’も積極的にやっています。

 例えば、開始前の準備では、合戦場の特徴から、弱点と注意事項、そして、序盤の攻勢に向けた提案を行っていますね。


 ただ、ここで気をつけているのが、あくまでも提案であり、間違っても全体指揮を執ろうという形には、しないことです。

 特に、攻勢時の前線の動きは、連絡・統率などを実際の軍隊のように訓練しているわけでもない合戦で、指示したりしようなどしても、まずうまくいかないですよね(部曲単位・連合単位なら、もちろん可能だと思いますが、全体は、無理でしょう)。


 あくまでも、戦場の特徴や敵軍の過去の戦い方から分析した上で、弱点となるポイントの防御などの提案を中心に行います。

 その上で、敵側の弱点も伝え、「そこをつく行動ができれば戦果が稼げるよ」という程度の提案だけ行っていました。


 さらに、戦時中は、伝令としての報告に注意し、主に、攻勢面での提案は、ほとんどせず、背後の警戒や、カウンター警戒など、防衛面での提案だけしています。



 また、一番気をつけているのは、すでに終わったことを指摘しないことですね。

 よくあるのですが、砦の建設位置を、とてもそこにつくるべきではないところで建設開始してしまったときも、わたしは、基本的に黙っています。

 開始前の段階で、砦建設位置の話があったら加わりますが、一度作り始めてしまったら、その資材は、その瞬間なくなるので、指摘などを行うのは、雰囲気を悪くするだけですからね。



 こんな感じで、今後も、戦場チャットを使っていくつもりですが、多少聞き苦しい発言から誤爆まで、時には、「それ違うよ!」って思う発言もあると思いますが、なにとぞご容赦くださいませ。

「それは、違う」という時は、ぜひとも積極的に戦場チャットでいってもらって、意思統一を図れればいいのではないでしょうか。

 気をつけないといけないことは、間違っても、戦場で議論になってしまい、前線が混乱するような形には、ならないようにすること。
 これは、わたしが相手の提案・指摘に、反論ではなく、それを取り入れた提案で発言するように気をつけていれば、大丈夫……かな?